ここから本文です

新型コロナウイルスとは? 日本上陸が判明、予防法はあるのか。

1/16(木) 10:27配信

ハフポスト日本版

中国内陸部の湖北省武漢で2019年12月以降、原因不明の肺炎の患者が相次いでいる問題で、日本やタイでも新型のコロナウイルスが検出され、感染拡大が懸念されている。

世界保健機関(WHO)は1月14日、中国当局からの情報提供を受け、中国の武漢市で発生している原因不明の肺炎の患者から検出されたウイルスは、新型のコロナウイルスと確認されたと明らかにした。
コロナウイルスは、深刻な大流行を起こしたSARS(サーズ)やMERS(マーズ)を引き起こす病原体で、今回の新型はこうしたコロナウイルスと多くの共通点があるという。


今回の肺炎は、これまでに武漢市で41人が発症し61歳の男性1人が死亡している。
患者は、同市中心部の海鮮市場(華南海鮮城)に出入りする人々が中心で、3日以降は中国で新たな患者は確認されていない。

■WHO 現在は、対処療法のみ 水際対策の徹底を

世界保健機関(WHO)によると、肺炎患者の治療法については、現在のところ対症療法しかないとしています。新型ウイルスの発生や、人にどのように感染するのかは調査中だ。現時点で人から人への感染は確認されていないというが、WHOは今後も分析が必要だとしている。

現状がわからない現時点では、WHOは、国は旅行や国際などで人が移動する際に、感染者を水際で阻止することに傾注するよう指摘している。

■日本にも初上陸 タイでも確認

13日には、タイを観光で訪れていた武漢市の女性も感染していたことが確認されている。
日本でも16日、国内初の患者が確認された。患者の30歳代男性は、武漢市への渡航歴があるという。厚生労働省によると、男性は武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国で肺炎患者と濃厚接触の可能性があるという。国立感染症研究所で検査で確認された。

ハフポスト日本版編集部

最終更新:1/16(木) 10:27
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ