ここから本文です

”世界一美しいカメ”盗難 価格は150万円 密売目的か 静岡・駿河区

1/16(木) 10:58配信

静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビ

ケースに入れて販売されていた亀が突然、姿を消しました。盗まれたのは「世界一美しい」ともいわれている150万円相当の貴重な亀です。

静岡市駿河区で爬虫類(はちゅうるい)などを輸入、販売しているレップジャパン。300種ほどを扱っている中で、ひときわ目を引くのが…。

甲羅に放射状に走る鮮やかな黄色い線。そして、つぶらな瞳。マダガスカル原産の陸ガメ・ホウシャガメです。国内に出回っているのはごくわずか。愛好家の間では「世界一美しいカメ」と称され、その価格は150万円をくだらないといいます。

そんな希少なカメが去年11月18日盗まれたというのです。

白輪剛史代表取締役:「ホウシャガメこの緑色の舟で飼育していたんですね。大きさ8センチぐらいのが10頭ぐらいいて、午前中に、数は全部数えるんですね。その後、来客もあったりしたので、午後5時の段階でもう一度数えたら1頭いないということに気付いた」

飼育ケースの側面は高さが20センチほどあり、カメが自ら逃げる可能性が極めて低いことから、白輪代表は盗まれたと判断し、警察に被害届を提出しました。

難波亮太記者:「こちらは盗まれたものより二回りほど大きなホウシャガメです。しかしこれぐらいの大きさですとこのようにカバンに入れて持ち運ぶこともできそうです」

レップジャパンの取引先は動物を取り扱う登録業者や水族館に限られ、飼育室に入れるのはごく限られた人間のみです。去年10月にもヒョウモントカゲモドキ1匹がいなくなったといいます。白輪代表によりますと近年、爬虫類はペットとして注目されていて、中でも、陸ガメは飼育のしやすさからも、愛好家の間では人気が高くなっています。そのため、転売目的で盗まれたと考えています。

白輪代表:「寒さには弱いカメなので過酷な環境にいるんだったら適切な環境に移す必要があります。本当に一日も早く戻ってもらいたいなと思っています」

最終更新:1/16(木) 20:21
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事