ここから本文です

2020年夏、空飛ぶクルマが日本でデモフライトへ|国内ベンチャー企業が有人飛行試験を開始

1/16(木) 10:03配信

MOTA

SkyDriveとCARTIVATORは2019年12月、日本で初めてとなる「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を開始。
空飛ぶクルマは世界各国で開発が進み、日本においても都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待が高まっている。

2023年には”空飛ぶクルマ”市販化を目論むSkyDrive社

SkyDriveは航空機・ドローン・自動車のエンジニアが集う有志団体CARTIVATORメンバーを中心に発足した「空飛ぶクルマ」の開発・製造・販売を行うスタートアップ企業だ。

空飛ぶクルマの共同開発を行っているSkyDriveとCARTIVATORは、2019年5月に豊田市と『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結。1万平米の開発拠点、日本最大級の屋内飛行試験場を活用することにより、今までよりも格段に開発スピードを高めることが可能となった。

今回の有人飛行試験の結果を元に、2020年夏のデモフライトや、2023年の販売開始に繋げる予定だ。

空飛ぶクルマに向けた期待

空飛ぶクルマとは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と呼び、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸の3つの特徴を持つ。既存の航空機に比べて低コスト・低騒音、かつ離発着場所もコンパクトで済むため、空の移動がより日常的になるのではないだろうか。

先進国では渋滞緩和、災害時利用。新興国においては、インフラ不要の移動手段として期待されている。2040年にはグローバルで150兆円の市場規模に達すると予測されており、日本においても、2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催。

2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップが制定されている新たなモビリティ分野だ。

■有人飛行試験とは
今回開始された飛行試験では、安全性検証・操作確認・飛行実績を重ねる。

飛行高度、飛行形態、フェール状態・緊急着陸等、様々なケースを策定し、徐々に複雑な動作/飛行をさせ検証。SkyDriveは、屋内での飛行試験を経て、屋外飛行試験許可を取得する計画だ。

MOTA編集部

最終更新:1/16(木) 10:03
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事