ここから本文です

「ストゴレ魂」で駆け抜ける 県下一周駅伝、女子駅伝 大島チームが結団式

1/16(木) 13:01配信

南海日日新聞

 第33回鹿児島県地区対抗女子駅伝競走大会と第67回県下一周市郡対抗駅伝競走大会の大島地区選手合同結団式が15日、奄美市名瀬の奄美会館であった。奄美群島市町村体育協会役員など関係者約20人が出席し、選手、スタッフを激励。選手を代表して吉隆之輔(28)・永田侑希(15)の両選手が「1年間走り込んだ成果を発揮し、奄美群島民の声援とチーム全員の思いをたすきに込めて、令和最初となる駅伝大会を盛り上げられるよう、結の心と『ストゴレ魂』で最後まで力強く駆け抜けることを誓います」と宣誓した。

 奄体協の朝山毅奄美市長は「皆さんは奄美群島の代表。郷土の誇りを胸に、体調管理に気を付けながら、さらなる飛躍を目指してほしい」とエールを送った。

 前回8位でゴールした女子チームの備秀朗監督(58)は「Bクラス死守を目標に1年間練習を積んできた。まずは8位以内に入賞し、目標タイムの1時間15分を切りたい」と抱負。昨年10位の男子チーム・川元英経監督(43)は「同クラスの指宿が力をつけていると聞いているので負けられない。初日からくらいついていき、前年よりも上位へ」と意気込みを述べた。

 女子駅伝は今月26日、霧島隼人運動場を発着点に6区間21・0975キロのコースで競う。男子駅伝は2月15~19日の5日間、鹿児島市役所を発着点に53区間584・1キロの県本土をほぼ1周するコースで競う。

奄美の南海日日新聞

最終更新:1/16(木) 13:01
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ