ここから本文です

23日から静岡市内で住民投票に向けた署名活動 清水庁舎移転の是非を問い

1/16(木) 20:06配信

静岡朝日テレビ

静岡朝日テレビ

静岡市の清水庁舎移転問題で移転の是非を問う住民投票に向けた署名活動が来週から始まります。


(清水庁舎移転の是非を問う住民投票を目指す市民団体)神戸孝夫共同代表:「納税者である市民の理解、賛同を得られているのか最も重要な所に大きな疑問が残ったまま」

清水庁舎移転の是非を問う住民投票を目指す市民団体は、今月23日から市内3つの区の街頭で署名を集めます。ただ、清水区では4月に望月義夫衆院議員の死去に伴う補欠選挙が予定されているため、地方自治法により投票日60日前となる来月26日から2カ月間は署名活動を中断し、その後、再開するということです。

神戸共同代表:「住民の安心安全の問題はきちんとした議論・説明の中で物事を進めるべき。馬鹿げた計画についてはもう一度立ち直って見直していただきたい」

市民団体は署名活動のボランティアをすでに2000人以上集めました。5月末までに少なくとも市内の有権者の約12分の1にあたる5万人の署名を集めるとしています。

清水庁舎をめぐっては、市議会でJR清水駅前に移転させる条例案と新しい庁舎の建設費94億円の補正予算案が可決成立しています。

最終更新:1/17(金) 17:43
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事