ここから本文です

奥多摩の“駐在さん”が帰ってくる 主演の寺島進「昭和の心引き継ぐドラマ」田中美里との大人の恋も見どころ

1/16(木) 13:12配信

中日スポーツ

 テレビ東京系連続ドラマ「駐在刑事 Season2」(24日午後8時)の記者会見が16日、東京・六本木のテレビ東京本社で開かれ、主演の俳優、寺島進(56)ら出演者が見どころを語った。

【写真】脚を滑らせて転倒したイノセントリリーの崎川みずき

 東京・奥多摩を舞台に、元警視庁捜査1課の敏腕刑事だった寺島演じる“駐在さん”が、地域の平和を守るべく奮闘する。2018年10月ー12月に連続ドラマとして放送され、好評を得たシリーズの第2弾。寺島は制服姿で自転車にまたがって会見場に登場し「笑いあり涙あり、人情、家族愛あり。昭和の心を引き継いだドラマです」と復活を喜んだ。

 のどかな山里の暮らしの中で、捜査1課がからむ凶悪事件を巡ってサスペンスが展開する。Season2では、新レギュラーの女優田中美里(42)演じる新住民の女性と“駐在さん”とのロマンスにも注目。田中は「寺島さんは格好良い部分と柔らかい笑顔を両方持っていて、そこがキュンキュンポイント」とゾッコン。寺島は「一線を越えないのが大人の恋」と格好良くひと言決めて、共演者をまたしびれさせた。

最終更新:1/16(木) 13:12
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事