ここから本文です

稲垣吾郎、アクシデント発生もトークで盛り上げ 「歌っちゃうかも」ディズニーコンサートセレモニーに登場

1/16(木) 22:34配信

AbemaTIMES

 1月16日、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」の初日公演が舞浜アンフィシアターにて行われ、ワールドプレミアプレス向けセレモニーに、ナビゲーターを務める稲垣吾郎が登壇。セレモニーの中で、ウォルト・ディズニー・アーカイブスのディレクター、ベッキー・クライン氏が、予定されていたタイミングで登場しないアクシデントが発生し、稲垣がトークで場をつなぐ一幕があった。

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」は、ディズニーの貴重な資料を所蔵するウォルト・ディズニー・アーカイブスの全面協力のもと、ナビゲーターに稲垣吾郎、音楽監督・ピアノ演奏に島健を迎え、ウォルトの描いた夢の数々を、初公開を含む映像、資料とともに贈る世界初のコンサート。1月16日の舞浜アンフィシアターを皮切りに、兵庫、名古屋でも開催される。

 東京公演のチケットはすでに完売。満員御礼を記念して、今回のワールドプレミアプレス向けセレモニーが行われた。稲垣は拍手でステージに迎えられ、「改めてウォルト・ディズニーさんの偉大さ、キングオブエンタメの方だなというのを体感しました」とコメント。続けて会場の広さに圧倒されたと言い、「ドキドキしています」とはにかんだ。

 そして、司会者の呼び込みにより、ベッキー・クライン氏が登場するはずだったが現れず、稲垣は「なんか僕、間違いありましたかね?」「キングオブエンターテイメントを噛んじゃったので(笑)」と心配そうに話して笑いを誘った。さらに「どうやってこういう歴史に残る作品が生まれたのかという部分も見られますし、島健さん率いるバンドの皆さんの演奏が本当に素晴らしくて」と本公演の見どころをアピール。

 すっかり稲垣のトークステージと化した状況に、司会者から「稲垣吾郎オンステージ、ワンマンショー」との発言が飛び出すと、稲垣は「いえいえ」と笑い謙遜しつつ、「皆さん舞浜まで来ていただいてありがとうございます」と報道陣をねぎらった。その後、「どんな感じで登場するんですか?」と問われると、「僕はけっこう出ます。歌っちゃうかもしれないよ?」と答え、会場を盛り上げた。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 22:58
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事