ここから本文です

”疑惑のVAR判定”で日本がAFCに意見書 サッカー協会の田嶋会長「根拠の説明を」 U-23アジア選手権

1/16(木) 19:38配信

中日スポーツ

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は16日、東京都内で開かれた理事会後、U-23アジア選手権1次リーグ第3戦・同日本代表-同カタール戦(タイ)のVAR判定について、アジアサッカー連盟(AFC)に対して意見書を提出したことを明らかにした。
 
 田嶋会長は「(判定が)ひっくり返ったことを考えれば、その根拠の説明をしてほしい。公式のコメントをいただきたい」と話した。
 
 カタール戦の前半終了間際にMF田中碧(川崎)が相手選手と競り合い、ボールを奪った際、当初はノーファウルの判定だったが、VARの介入により、相手の足を踏み付けたとして退場処分となった。MF斎藤(湘南)の右足が相手選手に当たったとして、後半34分にカタールにPKが与えられた場面では、VARの結果、主審による映像確認は行われず、PKの判定は覆らなかった。
 
 田嶋会長は「VARに対する評価をちゃんとしてほしいということを付け加えて(意見書を)出そうと思う」と語った。

最終更新:1/16(木) 20:48
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事