ここから本文です

年収300万円~500万円、年収別お金が貯まらない理由と貯めるためのヒント!

1/16(木) 17:15配信

LIMO

思うようにお金が貯められず、むしろ家計は赤字に近い。収入に余裕があるのに、なぜかお給料日前になると財布の中にお金がない…。そんな人も少なくないのではないでしょうか。

そういう人ほど、まずは自分のお金が貯まらない理由を解明してみましょう。今回は、年収別にお金が貯まらない理由と、お金を貯めるためのヒントを紹介します。

年収~350万円:下手な買い物を減らして貯金にまわす

<お金が貯まらない理由>

 ・生活コストが収入と釣り合っていない
 ・ローンや奨学金などの負債が家計を圧迫している
 ・本当の価値を比較してモノを選んでいない
まずは年収350万円以下の場合です。そもそも、暮らし方と工夫次第で年収がいくらであっても貯金はできるということを念頭に置きましょう。よく「お給料が少ないから貯金ができない」と言う人がいますが、その場合はお給料そのものが少ないというよりは自分の生活コストとお給料が釣り合っていない場合がほとんどです。

また、年収350万円以下の人が陥りやすい「お金が貯まらない理由」として挙げられるのが、ローンや奨学金などの負担が大きく、家計を圧迫しているがゆえにお金を貯めることができないというパターンです。

さらに、モノを買うときに本当に価値があるもの、自分にとっての本当の価値と値段の釣り合いが取れているかということを検討しないで購入してしまう場合があります。

たとえば、ある人はボーナスが入ったからと言って8万円のオーブンレンジを購入。確かに高機能で、レンジ一つでいろんな調理ができるものです。しかし、当初は「コレを作ろう」「アレを作ろう」と思っていたものの、実際にその人が使っているのはあたためる機能と冷凍物を解凍する機能だけ。

これなら3万円のオーブンレンジでもよかったと思いませんか。5万円分の差額は本当に価値がある5万円とは言えないですよね。こういう買い物をしないように気を付けてほしいものです。

<お金を貯めるためのポイント>

 ・スマホ代や保険の見直しで固定費を削減する
 ・自炊を増やして食費を減らす
 ・ローンをまとめたり月々の返済額を減らしたりして負担を減らす
月々の負債が大きく毎月生活に余裕がない場合は、負債をまとめることも検討してみてください。

特にいくつかローンを抱えている人はまとめることによって月々の返済総額が減らすことも可能です。金利や返済額下限、借入額などの諸条件によるので一概には言えませんが、ローンをまとめることを検討してもいいでしょう。

また、固定費の見直しや食費の削減は言うまでもありません、一度「これってもっと削れるかな?」「これって本当に必要かな?」と自問自答しながら生活コスト全体を見直してみるといいですね。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 17:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ