ここから本文です

ホンダ新型「シビックタイプR」FF最速奪還の準備整う!? 今夏発売の新型どう進化?

1/16(木) 7:10配信

くるまのニュース

ついに新型「シビックタイプR」が登場! 2020年夏発売

 東京オートサロン2020のホンダブースでは、初公開されることが事前に発表されていた「シビックセダン/ハッチバック」の改良モデルに加え、シリーズのフラッグシップ「シビックタイプR」のマイナーチェンジモデルがサプライズ発表されました。

【画像】わかるかな? 2020年夏発売予定の新型シビックタイプRはどこが変わる?

 シビックタイプRといえば、先代(FK2)からルノー「メガーヌR.S.」とFF最速争いを展開中ですが、現在はメガーヌR.S.がニュルブルクリンク北コース、鈴鹿サーキット、そして筑波サーキット2000のタイムを更新しています。

 もちろん、タイムは性能のひとつに過ぎませんが、FF最速を語る以上は避けて通れない道でしょう。

 一般的にはモデルライフ途中での改良の多くは、新鮮さをプラスすべく内外装の意匠変更などが中心となるケースが多いのですが、そこはタイプRです。

 関係者は「詳細は正式発表の際に…」と言葉を濁すため、筆者(山本シンヤ)が現行モデルとの違いを見える範囲でチェックしてみました。

 エクステリアの変更点は、フロントバンパー/リアバンパーのガーニッシュとフロントグリルです。バンパーガーニッシュはロー&ワイドのデザインをさらに強調するため、グリル開口部の拡大はズバリ冷却性能の引き上げです。

 じつは、現行モデルのシビックタイプRは、日本のサーキット走行時の冷却性がウィークポイントといわれており、この変更はそれに対する対処というわけです。これにより320馬力/400Nmのパフォーマンスをより安定して引き出せるはずです。

 タイヤ(245/35ZR20のコンチネンタル・スポーツコンタクト6)の変更はありませんが、アルミホイールから覗くブレーキディスクが1ピースから2ピースのフローティングタイプに変更(ドリルドディスクは廃止)されています。

 現行モデルでも十分な性能を備えていますが、ダイナミクスの進化のためだといえます。当然、ZF製電子制御アダプティブダンパーのセットアップもアップデートされているのは間違いないでしょう。

1/2ページ

最終更新:1/16(木) 8:58
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ