ここから本文です

YouTube、北朝鮮の宣伝メディアアカウントを停止=米対北制裁のためか

1/16(木) 17:05配信

WoW!Korea

世界最大の動画共有サイト「YouTube」が最近、北朝鮮の対外宣伝メディアのアカウントを停止したことが確認された。

 16日、米国の声(VOA)や自由アジア放送(RFA)などによると、YouTubeは最近、北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」と「わが民族同士TV」のアカウントを強制停止した。

 「朝鮮の今日」はこれまでYouTubeを通じて、朝鮮中央放送のニュースや映画などテレビ番組を共有してきた。

 また、対韓国の窓口機関「祖国平和統一委員会」が運営する「わが民族同士TV」ホームページでもYouTubeの動画リンク先をクリックしても動画は表示されず、アカウントが停止され、これ以上見ることができないとの案内文が表示されている。

 RFAは「わが民族同士TVの場合、今月4日から“Rightness Voice”という名前でYouTubeチャンネルを利用し、北朝鮮の体制宣伝および、韓国への誹謗など動画20件ほどを掲載していたが、これも現在は接続が不可能な状態」と伝えた。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:1/16(木) 17:05
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ