ここから本文です

ガーナ代表、元主将MFのチャールズ・アコナー氏を新監督に指名!

1/16(木) 13:21配信

超WORLDサッカー!

ガーナサッカー協会(GFA)は15日、チャールズ・アコナー氏(45)のガーナ代表監督就任を発表した。契約期間は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までとなる。

2018年ロシアW杯予選敗退、2019年アフリカ・ネーションズカップでベスト16敗退と近年低迷するガーナ代表は先日、クウェシ・アッピアー前監督を解任。

そして、その後任として白羽の矢が立ったのが、レジェンドのアベディ・ペレ氏の代表引退以降、1990年代後半から2001年まで同国代表のキャプテンを務めていたアコナー氏。

現役時代にフォルトゥナ・ケルンやヴォルフスブルクで活躍したセントラルMFのアコナー氏は、現役引退後に母国のアシャンティ・ゴールド、アサンテ・コトコのクラブチームの指揮官を歴任していた。

なお、アコナー氏率いる新生ブラックスターズの初陣は、今年3月に行われるカタールW杯アフリカ予選となる。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/16(木) 13:21
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ