ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ移籍の山口俊が入団会見 先発希望を強調「ローテ勝ち取るつもりで」

1/16(木) 5:30配信

Full-Count

背番号「1」の決め手は「『1』を大事にしたかった」

 MLBのブルージェイズへの移籍が決まった山口俊投手の入団会見が15日(日本時間16日)、本拠地トロントのロジャースセンターで行われた。巨人からポスティングシステムを利用してメジャー挑戦を目指した山口はブルージェイズと2年総額635万ドル(約7億円)で入団に合意していた。

【動画】美人妻の美貌にファンも「その可愛い女子は誰?」 元女子アナのぺ・ジヒョンさんが柳賢振の隣で微笑む実際の映像

 ロス・アトキンスGMと並んでの会見の冒頭、まず山口は背番号「1」のブルージェイズの真新しいユニホーム、帽子に身を包むと「ハロー、ボンジュール、ナイストゥミーチュー」と挨拶した山口。先発、リリーフ双方で起用の可能性が取り沙汰されているものの、自身は「先発ローテを勝ち取るつもりで2月のキャンプに臨みたい」と、あくまでも先発として勝負したい意向を示した。

 背番号に「1」を選んだ理由については「まず背負っていたのが『11』ということで『1』を大事にしたかった。高校野球では『1』がエースナンバーということで選ばせていただきました」と明かした。同じア・リーグ東地区には田中将大投手のヤンキース、筒香嘉智外野手が加わるレイズが属し、対戦機会もある。「田中投手は実績も経験も違う。話をする機会があれば参考にすることは多いので話を聞きたい。筒香は同じタイミングで海を渡ることになり、お互い切磋琢磨してプレーできたらいいなと思います」と語っていた。

 大分の柳ヶ浦高から2005年の高校生ドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団した山口。リリーフとして頭角を現し、2011年には34セーブをマークする守護神となった。2014年途中に先発に転向すると、2016年には自身初の2桁勝利となる11勝をマーク。そのオフにはFA権を行使して巨人に移籍。加入3年目となった今季は26試合で15勝をマークし、最多勝、最多奪三振、最高勝率に輝いていた。

Full-Count編集部

最終更新:1/16(木) 8:14
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ