ここから本文です

パナソニックら、商業広告を取り入れた路上変圧器・ストリートサイネージ活用の実証実験を港区で開始

1/17(金) 13:20配信

MarkeZine

パナソニックら、商業広告を取り入れた路上変圧器・ストリートサイネージ活用の実証実験を港区で開始

画像

 パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパン、東京電力パワーグリッド、東電タウンプランニングは、港区と共同で、商業広告を取り入れた路上変圧器の活用およびストリートサイネージによる情報発信の実証実験を2020年1月16日より虎ノ門エリアで開始した。

 同実証実験は、商業広告を取り入れることで、ストリートサイネージの整備・維持管理費を創出し、地域・防災・観光などの情報発信の実用化を検証するもの。ラッピングも商業広告を取り入れる。設置場所は、2020年6月に開業する東京メトロ日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」の地上出入り口付近で、交通結節機能の強化が期待されるエリアとなる。

 平時は、区政情報や観光・地域情報と共に商業広告の配信を行う。非常時は港区が発信する日本語・英語・中国語・ハングルの4言語の緊急情報をテロップで即時配信し、地域住民のみならず、今後も増加が見込まれる訪日外国人・来街者に対する地域アピールおよび大規模自然災害対策として役立てる。

 そのほかにも、災害発生時の避難誘導の案内発信にストリートサイネージを活用し、帰宅困難者対策としての有用性を検証。USBポートを備えたストリートサイネージで、スマートフォンへの充電など活用方法を検証する。あわせてセンサによる視聴分析も行う。

【共同実証実験の概要】
・期間:2020年1月16日~2020年11月(予定)
・地域:虎ノ門一丁目~三丁目の歩道上(2020年6月開業の東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」周辺)
・放映時間:午前4時30分~翌午前1時
・放映コンテンツ:区政情報、地域情報、緊急情報を日本語・英語・中国語・ハングルの4言語でテロップ配信、ニュース、金融マーケット情報、気象情報、鉄道運行情報、商業広告
・設置機器:ストリートサイネージを搭載した路上変圧器2基、ラッピングのみを施した路上変圧器5基

最終更新:1/17(金) 13:20
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事