ここから本文です

「Smart-iTOPIXインデックス」信託報酬引き下げ、最安に並ぶ

1/17(金) 1:00配信

モーニングスター

 りそなアセットマネジメントは15日、TOPIX(東証株価指数)への連動を目指すインデックスファンド「Smart-iTOPIXインデックス」の信託報酬(税込)を2月28日に0.1705%から0.154%へ引き下げると発表した。

 引き下げにより、国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、ETF除く)のうちTOPIX連動型としては「eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ TOPIXインデックスファンド」、「iFreeTOPIXインデックス」、「ダイワ つみたてインデックス日本株式」と並びコスト最安となる。なお、ETFでは「iシェアーズ・コア TOPIX ETF」が0.066%で最も低い。

 「Smart-iTOPIXインデックス」はりそなアセットマネジメントが運用するインデックスファンドシリーズ「Smart-i」の一つで、19年12月末時点での純資産残高は6億円。同シリーズは国内外の株式・債券・REIT(不動産投資信託)・バランス型で構成され、全14本の純資産残高は計130億円となる。

 なお、シリーズのうち「Smart-iTOPIXインデックス」を含む7ファンドは「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」対象ファンド。

坂本浩明

最終更新:1/17(金) 1:00
モーニングスター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ