ここから本文です

ジョコビッチがチチパスとズベレフにチクリ。「なんてのろまなんだ」

1/17(金) 6:32配信

THE TENNIS DAILY

15日、オーストラリア森林火災の復興支援を目的としたチャリティーマッチ「Rally For Relief」が、「全豪オープン」の会場であるロッド・レーバー・アリーナで開催された。そのなかで行われたスペシャルダブルスで、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ステファノス・チチパス(ギリシャ)とアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に嫌味を言い、会場を笑わせる場面があった。

【実際の映像】ジョコビッチが若手たちにチクリ「なんてのろまなんだ」

このスペシャルダブルスにはジョコビッチ、チチパス、ズベレフの他に、ラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティーム(オーストリア)、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、大坂なおみ(日本/日清食品)、ペトラ・クビトバ(チェコ)、ココ・ガウフ(アメリカ)が参加。

チーム・ウイリアムズとチーム・ウォズニアッキに分かれ、代わる代わるコートに出て4ゲーム先取の1セットマッチを行った。

ジョコビッチが若手たちに嫌味を言ったのは、ゲームカウント3‐3でのタイブレークでのこと。ジョコビッチはナダルとペアを組み、チチパス/ズベレフペアと向き合っていた。

コートチェンジの際、ジョコビッチとナダルのベテランペアはジョギングしながら移動。一方の若手ペアは、トロトロとゆっくり歩いていた。

これを見たジョコビッチは「見た?ネクストジェンはなんてのろまなんだ。信じられない」とチクリ。ナダルも笑っていた。

このチャリティーマッチでは、スペシャルダブルスだけでなく、ロジャー・フェデラー(スイス)対ニック・キリオス(オーストラリア)の1セットマッチも行われ、観客を沸かせた。

この他にも面白要素が満載だったチャリティーマッチの様子は、「全豪オープン」の公式YouTubeで全編公開中だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Rally For Relief」でのジョコビッチ(右)とナダル(左)
(Photo by Graham Denholm/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:1/17(金) 10:21
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事