ここから本文です

男女シングルスでランク決まる5日目見どころ<全日本卓球2020>

1/17(金) 8:06配信

Rallys

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

大会4日目総括

全日本卓球選手権大会4日目の16日は、混合ダブルス・ジュニア男女の3種目でチャンピオンが決定した。3連覇を目指す森薗政崇(BOBSON)/伊藤美誠(スターツ)ペアと前年度準Vの張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアの対決となった決勝は、1‐1で迎えた3ゲーム目を接戦で奪った森薗/伊藤ペアが勝利し、3連覇を飾った。

ジュニア男子では吉山僚一(愛工大名電中)が、曽根翔、横谷晟(愛工大名電高)を連破した12歳の松島輝空(木下グループ)を3-1で下し、昨年の全中に続いて制した。ジュニア女子では大藤沙月(ミキハウスJSC)が小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)のカットをミスのない攻撃で攻略し、ストレート勝ちで優勝に輝いた。

男女シングルス、男女ダブルスではスーパーシードが登場し、シングルスはベスト32、ダブルスはベスト16が決まった。

大会5日目の17日は、男女シングルスが6回戦まで、男女ダブルスは準々決勝までが行われる。

大会5日目:男女シングルス見どころ

男女シングルスは朝イチの試合から、ランク決定戦が行われる。五輪代表でもある張本智和(木下グループ)は 松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)と、 丹羽孝希(スヴェンソン)は 沼村斉弥(明治大)と対決。第1シードの大島祐哉(木下グループ)や第2シードの木造勇人(愛知工業大)を破った村松雄斗(東京アート)、ジュニアの悔しさをぶつけスーパーシードを下した曽根翔、横谷晟(ともに愛工大名電高)にも注目だ。

女子では3大会連続3冠を目指す伊藤は女子ダブルスでも勝ち残っている三條裕紀(青山学院大)と、石川佳純(全農)は野村萌(デンソー)と、平野美宇(日本生命)は出澤杏佳(大成女子高)と対戦予定だ。

女子の注目選手は小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)だ、ジュニアでは惜しくも準優勝となったが大学生や社会人といった格上にどこまで通用するのか注目が集まる。長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)を下した宋恵佳(中国電力)やTリーグで活躍する森さくら(日本生命)、梅村優香(中央大)もどのような試合を見せるかどの試合も目が離せない。

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 19:07
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ