ここから本文です

タクマ食品 海外市場開拓加速 国際的な認証規格取得 英語教室開き人材強化

1/17(金) 6:05配信

中部経済新聞

 海産珍味や豆菓子類の製造加工卸を手がけるタクマ食品(本社春日井市松河戸町3の15の3、宅間文嵩社長、電話0568・86・5550)は、海外事業を拡大する。昨年、国際的な食品衛生基準に基づく認証規格「FSSC22000」を取得。社内では営業担当者を対象に、ビジネス英語を学ぶ英語教室を開講しスキルアップを図っている。国内市場の縮小が見込まれるなか、欧米など海外市場の新規開拓を進め、持続的な成長につなげる。

最終更新:1/17(金) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ