ここから本文です

【日経新春杯】レッドジェニアル“新兵器”ズバリ!左へ張る癖きっちり修正

1/17(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「日経新春杯・G2」(19日、京都)

 武豊との新コンビで重賞2勝目を狙うレッドジェニアルは16日、栗東CWで単走追い。左へ張る癖を矯正するため新たな馬具を装着すると、真っすぐ気持ち良さそうに駆け抜けた。

 新アイテム装着で重賞獲りに臨む。レッドジェニアルは栗東CWで単走追い。軽快に駆け抜け、馬なりで6F84秒3-40秒3-12秒8をマークした。

 1週前追い切りに騎乗した武豊が「左へ張る」と話したことから、左だけのチークピーシーズ着用に、矯正馬具であるハミ吊りをしてテスト走行。またがった中塚助手は「当週はいつも坂路で軽めだけど、今は体力の問題もないのでコースで長めから。気分良く走れていたし、チークも悪くないと思う」と好感触だ。

 課題を克服し、高橋忠師もホッとした様子。「(馬具が)悪影響にならないようだし、効果もあると思うからレースでも着ける予定。最後もフォームが沈んでいたので。修正しなければいけないところを調教では克服できた。レースでしっかりと力を出せれば」と期待を込めた。

 京都新聞杯を勝ち、ダービー(8着)、菊花賞(6着)とクラシックに駒を進めた逸材。まだ気性に幼さがあった昨年と比べ、成長も感じるという。「まだ子どもな面も見受けられるけど、普段の振る舞いに気負う感じもないし、当日のテンションも大丈夫だと思う。あとは乗り方ひとつ。名手がどういう競馬をしてくれるか」。課したミッションはクリアした。あとは結果を残すだけ。武豊に託し、重賞2勝目を狙う。

最終更新:1/17(金) 7:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ