ここから本文です

佐藤大樹×橋本環奈「小説の神様」 佐藤流司、片岡愛之助、和久井映見ら新キャスト発表

1/17(金) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 佐藤大樹(「FANTASTICS from EXILE TRIBE」)と橋本環奈がダブル主演を務める映画「小説の神様」に、佐藤流司、柴田杏花、山本未來、片岡愛之助、和久井映見らが参戦していることがわかった。

 最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい! 2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」でともに第1位を受賞する快挙を遂げた気鋭の作家・相沢沙呼氏の同名小説を実写映画化。高校生作家が自身の才能と現実のギャップに悩み、夢を見失い傷付きながらも挑戦していく物語が共感を呼び、1年で7刷が決まるほどの人気を集めていた。

 物語の中心となるのは、中学生で作家デビューしたものの、著作は酷評され売り上げも振るわない“真っ直ぐでナイーブな高校生小説家”千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する“ドSな売れっ子作家”小余綾詩凪(こゆるぎ・しいな/橋本)。性格、クラスでのポジション、売れている、売れていない――全てが真逆のふたりに、編集者からあるミッションが下される。それは、協力して“ひとつの物語”を作り上げ、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。時に反発し合いながらも、物語づくりを通してきずなを深めていくうちに、一也は詩凪が抱える大きな秘密を知ってしまう。

 ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズや「HiGH&LOW THE WORST」の佐藤流司は、一也が小説家であることを知る数少ない友人であり、詩凪を文芸部に誘う頼れる部長・九ノ里正樹に扮する。NHK連続テレビ小説「おひさま」や「僕に、会いたかった」の柴田は、一也に憧れ文芸部に入部し、物語を書くことに情熱を燃やす後輩・成瀬秋乃役。共作のミッションを与える担当編集者・河埜役の山本(「風の電話」)、一也のデビュー作を担当した編集者・野中役の坂口涼太郎(「ちはやふる」シリーズ)が共演した。

 さらに、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が控える片岡が、小説家だったが全く売れず、病気で亡くなってしまった一也の父・昌也、「体操しようよ」「いちごの唄」の和久井が一也をあたたかく見守る母・優理子を体現。ファッション誌「Popteen」の専属モデルで、本作で長編映画デビューを果たす莉子が、心臓の病気で入院中の妹・雛子を演じる。

 「小説の神様」は、「HiGH&LOW」シリーズを手掛けた久保茂昭監督がメガホンをとった。5月22日から全国で公開。

最終更新:1/17(金) 14:18
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事