ここから本文です

スポーツ雪合戦東日本大会 18日天栄で開幕

1/17(金) 9:39配信

福島民報

 2020スポーツ雪合戦東日本大会は十八、十九の両日、天栄村の羽鳥湖高原交流促進センター特設会場で開かれる。今回は雪不足に対応するため、雪球の代わりに硬式テニスボールを使用する。

 実行委員会の主催、福島民報社と県雪合戦連盟の共催。十八日は午前十時からジュニア(小学生)の部を行う。五チームが出場し、予選リーグと決勝トーナメントで争う。十九日は午前九時十五分から一般、ミックス、レディースの各部を同会場で行う。計三十四チームが出場する。

 各部の上位チームは全国小学生雪合戦大会(一月二十六日、富山県南砺市)、昭和新山国際雪合戦大会(二月二十二~二十三日、北海道壮瞥町)、日本雪合戦選手権大会(三月七~八日、群馬県みなかみ町)への推薦出場権を得る。

 問い合わせは実行委員会事務局へ。

最終更新:1/17(金) 9:39
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ