ここから本文です

【ONE】ロッタン、那須川天心とONEで再戦希望「ずっと想い描いている」

1/17(金) 19:07配信

イーファイト

 ONEフライ級ムエタイチャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(22=タイ)が、RISE世界フェザー級王者の那須川天心(21=TARGET/Cygames)との再戦を熱望するコメントを出した。

【フォト】ロッタンが、那須川をロープに追い詰め連打

 1月10日(金)、タイ・バンコクで開かれた「ONE: A NEW TOMORROW 」での試合後、ONEチャンピオンシップのタイ編集部のインタビューに答えた。この日ロッタンは、かつてベルトを奪った相手のジョナサン・ハガティー(英国)と再戦し、TKO勝ちでタイトルを防衛。試合後のインタビューで今後の目標を問われ、次のように答えた。

「チャンピオンなので誰とでも戦える。次の目標はキックボクシングでもう一つのベルトを巻くこと。ONEフライ級キックボクシング世界王者のイリアス・エナッシ(オランダ/モロッコ)に挑戦したい。それから長い間ずっと頭の中で想い描き続けている試合がある。那須川天心との試合だ」と再戦を熱望。

 そして「ONEチャンピオンシップでリマッチをしたい。ムエタイからキックボクシングへの移行は問題ではない。キックボクシングは前にやったことがあるから。ムエタイとキックボクシング両方で戦える」とONEでの対戦を希望した。

 ロッタンと那須川は2018年6月に初代RISE世界フェザー級王座をかけ対戦。那須川の攻撃を物ともせず、鬼の形相で前に出続け本戦5Rではドロー。延長戦では、相変わらず圧力をかけるロッタンに手数を出す那須川のパンチが度々ヒット。ロッタンは崩れることはなかったが、動きが止まる場面があり結果、那須川が3-0(三者とも10-9)判定勝ちし、新王座に就いた。勝った那須川は「試合中に初めて恐怖を感じた」と振り返っている。

 果たしてロッタンと那須川のリマッチがONEで叶うのか。昨年4月、ONEのチャトリCEOはこの再戦について進めていきたいと言っていただけに、今後の動向に注目したい。

最終更新:1/17(金) 19:28
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ