ここから本文です

世論調査、死刑制度容認が80% 「廃止すべきだ」は9%

1/17(金) 17:16配信

共同通信

 内閣府は17日、死刑制度の賛否に関する世論調査結果を発表した。「死刑もやむを得ない」と容認した人は80.8%と、2014年の前回調査から0.5ポイント増でほぼ横ばいだった。「廃止すべきだ」は9.0%で、0.7ポイント減少した。

 容認する人に理由(複数回答)を問うと、「廃止すれば被害者や家族の気持ちが収まらない」が最多の56.6%で、「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」の53.6%が続いた。

 廃止を求めた人の理由(複数回答)は「裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」が最多の50.7%。続いて「生かして罪の償いをさせた方がよい」42.3%の順だった。

最終更新:1/17(金) 17:28
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事