ここから本文です

日航機遺族「安全文化高めたい」 公共交通事故被害者支援の集いで

1/17(金) 18:04配信

共同通信

 1985年の日航ジャンボ機墜落事故で次男健君=当時(9)=を亡くした美谷島邦子さん(72)が17日、国土交通省中国運輸局(広島市)で開かれた公共交通事故被害者等支援フォーラムで講演した。事故の経験を語り「日本の安全文化を高めていきたい」と話した。

 フォーラムにはバスや鉄道といった公共交通機関の事業者ら約40人が参加した。美谷島さんは墜落事故の悲惨さや自身の心情の変化、被害者同士の交流を紹介。被害者が納得し前を向くには、事故原因と再発防止策を知り、心身両面の支援を受けられる社会の仕組みが必要だと訴えた。

最終更新:1/17(金) 18:16
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ