ここから本文です

トップ4は厳しすぎる目標だ。アーセナルは当たり前を疑え

1/17(金) 17:33配信

J SPORTS

上層部は従来と異なる感覚で接しなければならない──。

チェルシーには敗れたものの、ボーンマスとクリスタルパレスに引分け、マンチェスター・ユナイテッドとリーズに勝利を収めている。ミケル・アルテタ新監督がベンチをあずかった後、アーセナルは2勝2分1敗。とくにいいわけではなく、全盛期を知るサポーターは「ボーンマスとクリスタルパレスに勝てないなんてな」と嘆いているだろう。

しかし、時はうつろい、アルセーヌ・ヴェンゲルもティアリ・アンリもデニス・ベルカンプもパトリック・ヴィエラもいない。ライバルはユナイテッドだけではなく、チェルシー、リヴァプール、マンチェスター・シティ、近ごろはお隣さんのトッテナムも力をつけ、今シーズンはレスターも厄介だ。アーセナルは、数年前の当たり前を疑わなければならない。

1月12日時点で首位リヴァプールに33ポイント、2位シティとは19ポイント、3位レスターとも17ポイント差だ。残り16試合(リヴァプールは17試合)で逆転できるはずがない。アーセナルが奇跡の全勝で勝点を76まで伸ばしても、レスターは10勝2分4敗で77まで稼げる。今シーズンの彼らなら達成可能なミッションだ。

したがってアーセナルは、残り16試合で4位チェルシーとの11ポイント差を逆転し、チャンピオンズリーグ出場権奪還が最低目標にはなる。数字のうえではもちろん可能だ。しかし、いま一度クールになって現有勢力をチェックしてみよう。計算できるDFはダビド・ルイスただひとりだ。右サイドバックのエクトル・ベジェリンは長い間ハムストリングの故障に悩み、左サイドバックのキーラン・ティアニーは、右肩の脱臼で3月中旬までの戦線離脱を余儀なくされている。セアド・コラシナツのコンディションもつねに怪しい。

冬の補強も「ローンが主になる」とアルテタが語り、本稿執筆時点ではDFをリストアップできていない。こうした状況で4位以内は至難の業だ。残り試合の勝率が5割を超えれば御の字と考えるべきだろう。

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 17:33
J SPORTS

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ