ここから本文です

大勢の市民が大歓迎!キャサリン妃&ウィリアム王子の今年初の公務をリポート

1/17(金) 22:30配信

ELLEgirl

ウィリアム王子とキャサリン妃は1月15日(現地時間)、2020年初となる公務でイングランド北部ウエストヨークシャー州のブラッドフォードを訪問。市庁舎の前にはイギリス国旗やプレゼントの花束などを手にした大勢の市民が集まり夫妻を歓迎。弟のハリー王子夫妻が王室の主要メンバーから退くと発表して以降、初めて公の場に姿を見せた2人。国民の不安を払しょくするような、満面の笑顔で満ちあふれた公務の様子をリポート!

ウィリアム王子&キャサリン妃VSハリー王子&メーガン妃、仲良し夫婦なのはどっち?

この日のキャサリン妃のファッションは、アレキサンダー・マックイーンのカーキのマキシコートに、インにはザラのドレスを着用。バッグはアスピナル・オブ・ロンドン。

地元の子どもたちとの触れ合いも忘れないキャサリン妃。
子どもたちと話すときは、いつもしゃがんで子どもたちの目線に合わせることを忘れない。この日も、同じ目線で、しっかり子どもたちとアイコンタクト。

イスラム教徒の女性団体や、ブラッドフォードの「カレー・サークル」の代表たちと面会した夫妻。楽しそうに話すウィリアム王子を笑顔で見つめるキャサリン妃。仲の良さが伝わる!

名物の「クルフィ・ラッシー」作りにトライするウィリアム王子とキャサリン妃。クルフィはパキスタンのアイスクリームだそう。仲良し夫妻は、時に漫才のようなかけ合いもお約束。

ウィリアム王子&キャサリン妃は市内のコミュニティーセンター「キッドマット・センター」も訪問。職員たちがそろって夫妻をお出迎え。

コミュニティーセンターが行っている活動やワークショップなどについて話を聞く夫妻。キャサリン妃はここでも笑顔!

鮮やかな赤と青の飾りがついたカップケーキにキャサリン妃がうれしそうな顔を見せたのは、飾られていたのが一家の写真入りのフレームだったから!

最終更新:1/17(金) 22:30
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事