ここから本文です

高杉真宙&岸井ゆきの対談インタビュー マジンガーZの実話“見積プロジェクト”が実写化

1/17(金) 10:40配信

ENCOUNT

映画「前田建設ファンタジー営業部」撮影秘話を語り合う 2人にとっての“ブルー・オーシャン”とは

 永井豪氏の原作によるアニメ「マジンガーZ」(1972~74年放送)の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、今の技術と材料で建設するとしたらどうなるか?――ゼネコン大手「前田建設」が、架空の土木施設について大真面目に見積書を建てるという実話を映画化したのが、「前田建設ファンタジー営業部」(英勉監督、1月31日公開)だ。前代未聞のプロジェクトに巻き込まれる若手社員を演じた高杉真宙(23)と岸井ゆきの(27)がざっくばらんに撮影を振り返ってくれた。そして、2人がプライベートでハマっていることとは……?

【ギャラリー】“前代未聞プロジェクト”を完遂せよ…映画「前田建設ファンタジー営業部」のコミカルなビジュアル集

――高杉さんの役はマジンガーZの格納庫作りに熱中するおじさん会社員(小木博明ら)を最初はクールに見ている新入社員・ドイ役。どんなところに魅力を感じましたか?

高杉「本当に脚本が面白く、キャラクターが濃いんです。僕の役はそんな濃いキャラクターたちに揉まれながら、変化していく。ドイ君はツッコミもするけど、そこに入り込みすぎない。ちょうどいいバランスを見つけていく作業がすごく大変で、監督とは何度も話し合いました。本読みでは1回目は引いてみて、2回目は入り込んでみたんですけども、どっちも違った。やばい、どうしようと思いましたね」

――岸井さんの役は、最初はやる気のないOLエモトです。それが掘削現場を見て、一変する。

岸井「真宙君は最後の最後まで引っ張る役なので、大変だなと思っていました(笑)。私の役は最初、やる気がないんですけど、割とすぐに掘削に興味を持って、みんなと一緒に作っていく。その落差でメリハリをつけたいと思っていました。何かに本気で取り組むっていう姿は素敵だなと」

――「マジンガーZ」はおじさん世代のアニメですよね。どのくらいの知識量でしたか?

高杉「もちろん知ってはいたんですけど、歌とか、小さい頃にアニメをチラッと観たくらい。多分オープニングの映像の全体像ぐらいだと思います。(共演の本多)力さんはマジンガーZネタのアドリブを入れてくるんで、すごいなと思いました」

岸井「あれは知っている人の入れ方だったよね(笑)。私も、役とまったく一緒で、ガンダムと混同していました。決まってから、ネットで(格納庫の)映像を観て、これを作ろうとする人がいるんだと思って、衝撃でした」

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 11:01
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ