ここから本文です

吉祥寺で発見! 「東京最高のレストラン」編集長が驚いたマニアック中華

1/17(金) 6:32配信

食べログマガジン

〈2019 食通が惚れた店〉

平成から令和へと元号が変わった2019年。外食シーンにおいても、新しい時代の幕開けを感じさせる飲食店や、グルメにまつわるトピックスが盛りだくさん。そこで、グルメ情報を熟知した方々に、2019年に最も感動したお店について教えてもらいました。「2019年のNo.1」「2000円以下のプチプラグルメ」「2020年の注目店」をそれぞれご紹介します。

今回は、食べロググルメ著名人の大木淳夫さんにお答えいただきました。

教えてくれる人:大木淳夫

1965年東京生まれ。ぴあ株式会社メディアクリエイティブ1部 部長。日本初のプロによる唯一の実名評価本「東京最高のレストラン」編集長を2001年の創刊より務めている。その他の編集作品に「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」「堀江貴文VS.鮨職人」(共に堀江貴文)、「東京とんかつ会議」(山本益博、マッキー牧元、河田剛)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、 「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)など。好きなジャンルは寿司とフレンチ。

2019年のNo.1飲食店

Q 2019年に行ったなかで、〈最も感動した飲食店〉はどこですか?

A 「中國菜 四川 雲蓉」です。
家賃が高騰し、ほぼチェーン店しか無い吉祥寺で、これほどのクオリティの中華と出会えるのかという驚き。通常メニューはもちろん、3日前までに要予約の四川伝統のマニアック料理は、食欲と好奇心を刺激してやまない。

Q そのお店で〈印象に残った一皿〉は?

A 「XOジャン」です。
おいしいお皿は多々あったのだけれど、連れを待つ間、ビールのアテにと軽い気持ちで頼んだら、いきなりそこから鍋を振って作り始めたので驚愕。このシェフ、只者ではないなと思った忘れ難い瞬間。

中國菜 四川 雲蓉
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 青雲堂右側
TEL0422-27-5988
営業時間11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日月曜日・火曜日(祝日の場合翌日定休)

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 6:32
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ