ここから本文です

ボルボのファッション性と機能性を高めるニューアイテムがエアストから多数登場【東京オートサロン2020】

1/17(金) 11:31配信

MOTA

新作アイテムはボルボ専用設計のホイールとエアロ!

日本発のボルボ専門ブランド、ERST(エアスト)は、東京オートサロン2020に新作ホイールとエアロを展示。今台数の増えてきたボルボ、個性派を狙うならこのブランドだ!

新作ホイールやエアロなどボルボの最新カスタマイズを写真でチェック!

ボルボの老舗J’sチューナーとして名高い「ERST(エアスト)」のラインナップに、またもや魅力的なニューアイテムが加わった。

今回の東京オートサロンで初公開された新作ホイールのS10-Rは、オーナメント付近でわずかにコンケーブする10本スポークを採用。スポークそれぞれの中央部を落とし込み、視覚的な変化をもたせている。カラーはブラックポリッシュとブラックポリッシュ×ブラックスモーククリアを用意。わずかな色味の違いで、まったく異なるふたつのイメージを演出している。サイズは、2020年1月時点では9×21インチのみの展開となっている。

新作V60エアロはスポーティなイメージで完成!

新型V60のエアロパーツは、機能美溢れる3P構造のフロントスポイラーをまずリリース。リアスポイラーの展開も予定しているという。

フロントセクションにリップスポイラーとサイドリップを用意するXC60は、フロントリップスポイラーのみを装着。力強さとワイド感を演出する2点を組み合わせた状態とはひと味違う、すっきりしたスポーティなフロントセクションを披露した。

[筆者:井口 豪/撮影:佐藤 正巳]

最終更新:1/17(金) 11:31
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事