ここから本文です

震災から25年たっても「変わらぬ思い」 大切な人に伝えたい

1/17(金) 19:29配信

関西テレビ

神戸・中央区、東遊園地。
午前5時46分

『黙祷』

【兄を亡くした男性】
「(兄は)本当にまっすぐで不器用でした。色んなことがあったときに相談できる相手がいないというのは辛いなと思う」

【娘を亡くした男性】
「(娘は)1歳1カ月やったから、孫がその年齢を超えてきた。やっぱり悲しみはなくならない。25年たってもなくならない、どんな形であっても生きていて欲しかったというのは思う」

『鎮魂の願いを込めてー』

【孫を亡くした女性】
「みんなの努力で、ポツポツだった灯りがだんだん増えてきて。みんなと繋がりながら生きていくことの大切さを噛みしめています」

宝塚市では追悼の碑が建てられ、72人の名前が刻まれた。

『福岡からプロ棋士を目指して来た息子は17歳で亡くなった』

【息子を亡くした女性】
「『お母さん、僕のためにしてくれてありがとう。僕、頑張るけん、頑張るけん』。(震災の)前の日、16日の夜電話したときに、『すごく僕頑張るけん、頑張るけん』と申しました。この宝塚市を息子の心のふるさとにしてほしい」

『25年経ったいまー』

【夫を亡くした女性】
「そんなに悲しいこととか言うんじゃなくて、前向きに頑張ろう」

【垂水区で被災した女性】
「あの時が無かったらな、と思うようにしないで、やっぱり、あしたのことを考えようって思うようにはなりました」

カンテレ

最終更新:1/17(金) 19:29
関西テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事