ここから本文です

バルベルデ解任のポイントは“カンテラ選手たちの管理“

1/17(金) 11:00配信

SPORT.es

この3日間、バルセロナの前監督のエルネスト・バルベルデが解任されてから、下手な内部管理・運営について、すでにたくさんのことが書かれている。
それはバルサがここ数日監督を解任する決断を下したのと同じくらいとてもはっきりとしている。

チャビがバルサのオファーを断った訳とは

バルベルデ解任という決断はスーパーカップの後、急に起こったものではなく、トップチームのカンテラの選手たちの管理などバランスが悪くなっていったという要素から、時間をかけ熟考を経て下したものである。

リキ・プッチのような選手へのチャンス提供の不足で多くの幹部を心配させていた。しかし、アレニャの放出という出来事が彼らを納得させた。バルベルデはアレニャのチームを去る早さと、公には誰も知らない条項を不快に思っているようだった。

バルベルデはずっと前からアレニャが出て行くことを直接聞いて知っており、彼を18試合召集しなかった。そのためアレニャの決断も早かったのである。

監督の解任を決断することになったいくつかの根拠は、とても深い。今シーズンは確かにアンス・ファティとカルレス・ペレスを継続して起用しているが、それらの説得力の弱い小さな決断では監督に解任を宣告することになってしまったのも疑問はない。

今回の決断が正しかったかどうかはカンテラの活躍が判断の一つとなる。

SPORT.es

最終更新:1/17(金) 11:00
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ