ここから本文です

大学に進学したら「一人暮らし」or「実家暮らし」それぞれ「経験者」に聞いてみた!

1/17(金) 18:45配信

LIMO

「大学生活が始まったら一人暮らしをしたい!」と憧れている新大学生の方も多いのではないでしょうか。その一方、わが子の大学進学を控える親としては「本当にひとりで大丈夫かな…」と不安を感じることもあるでしょう。

そこで今回は、新大学生の意見に加え、一人暮らしと実家暮らしそれぞれを選んだ人の気持ちを聞いてみました。一人暮らしによる、生活面以外の変化もあわせてチェックしておきましょう! 

一人暮らしをしたい理由は?

わが子に「一人暮らしをしたい」と言われると、親はどこか寂しい気持ちになってしまうもの。では、なぜ実家を離れて暮らしたいと考えているのでしょうか。一人暮らしを望んでいる新大学生に、本音をこっそり聞いてみました。

・「これまでの生活を振り返ると、身の回りのことはほとんど母親に任せっきりでした。部活動や受験勉強が忙しかったから…という理由もありますが、そろそろ自立した生活がしたいです。とはいえ、1人で家事ができるのか不安な気持ちもありますが…」

・「実家から進学予定の大学まで、電車で2時間近くかかります。無理ではありませんが、さすがに毎日だと辛くなってくるはず。ワガママかもしれませんが、下宿した方が楽そうだと思ってしまいます」

・「よく母親と口喧嘩をするので、大学進学を機に距離を置きたいです。親にとっても、その方がいいはず。お金はかかりますが、それ以上のメリットがあると思います」

一人暮らしをしてどう感じた?

自立のため、通学時間の短縮のため、親と距離を置くためなど、一人暮らしを希望する理由は人によってさまざまなようです。では、実際に一人暮らしをした人はどう感じているのでしょうか。良い点、悪い点ともに振り返ってもらいました。

・「実家の居心地が悪く、思い切って一人暮らしをしました。最初は慣れない家事に苦労しましたが、今では平和な毎日を送っています。正直、帰省するのが億劫に感じるほど快適ですよ」

・「一人暮らしで得た最大のメリットは、通学時間が大幅に短縮されたことですね。ただ、その代わり想像以上の費用が発生してしまいました。最初は家賃ばかり気にしていましたが、部屋が決まるまでに20万円、生活用品を買い揃えるのに30万円も…。さすがに、親に申し訳ない気持ちになりました」

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ