ここから本文です

ブラック上司「昔はOK」「今はアウト」取りがちな態度とは!?

1/17(金) 18:15配信

LIMO

何気なくとった上司の行動が、実はハラスメントだった。このような事例は、いくつもあります。故意ではなくても、ハラスメント認定されれば高確率で罰せられます。罰せられた人の中には、職場に居場所がなくなって退職に追い込まれる人もいるようです。そんな状況に巻き込まれるのは嫌ですよね? そこで今回は、ハラスメント認定されてしまう行動を紹介します。

上司が偉いは昔の話

「社内では上司が偉い」「上司に対しては全てYESと言わなければならない」「部下が上司に逆らうのは許されない」。一昔前は、このような会社も多かったです。しかし、現代は事情が異なります。

部下に横柄な態度をとると、場合によっては降格・左遷の対象です。そのため、部下に対して気を遣う上司も増えてきました。「今まで大丈夫だったから…」では済まされないこともあるため、ご注意ください。

一部の上司に見られるアウトな態度、5種類を紹介!

ここでは、一部の上司に見られるアウトな態度を5種類紹介します。

 大きな声を出したり暴言を吐いたりする

大きな声を出したり暴言を吐いたりするのは、パワハラに認定される代表例です。自分では普通だと思っても、相手が恐怖を感じたらアウトになるケースもあります。

部下に「おい! 〇〇(相手の名前)」とか「お前!」と言うのも、ハラスメントの対象になる恐れがあるため、気を付けましょう。

 休日に仕事の電話がかかってくる

休日に仕事関係の電話をするのも、パワハラになる場合があります。緊急ではないのに、休んでいる人に毎週、連絡をする上司もいるようです。時と場合をわきまえてから、連絡をしましょう。

 プライベートの話をする

職場でプライベートの話をしても、高確率でハラスメントに該当します。「恋人はいるの?」「結婚はいつするの?」「仕事後は普段何をしているの?」といった感じです。

相手からプライベートの相談をした場合はともかく、自分からプライベートに関する話を聞くのは、高確率でアウトです。

 無理矢理残業をさせる

無理矢理残業をさせるのもダメです。働き方改革の一環で定時間外の勤務を、原則認めていない会社もあります。残業が発生する仕事でも、相手のプライベートを無視して働かせる行動は、社内で大問題になることも…。そのため、他の社員を職場に残らせるのは良くありません。

 飲み会の強制参加

飲み会の強制参加もアウトです。「飲み会に参加しないと出世に響くかもよ…」、「全員飲み会に参加するのに、自分だけ行かないんだ…」というのもNG。

飲み会も仕事のうちと言われて来たかもしれませんが、現代では事情が違います。そのため、無理矢理飲み会に誘うことはしないようにしましょう。

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 18:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事