ここから本文です

田中圭、ともさかりえの怪演に「ビビってました」

1/17(金) 19:15配信

クランクイン!

 俳優の田中圭が17日、都内で催された主演映画『mellow』の初日舞台あいさつに登壇。和やかな雰囲気の中、本作や自身が演じたモテ男の役柄などについて語った。

【写真】田中圭もビビる⁉怪演を絶賛されたともさかりえ


 本作は、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』などを手がけた今泉力哉監督によるオリジナルの恋愛群像エンターテインメント。「独身」「彼女なし」「花が恋人」のオシャレ花屋「mellow」の店主・夏目誠一(田中)を中心とした恋愛模様を描きだす。

 本イベントには田中のほか、岡崎紗絵や志田彩良、松木エレナ、白鳥玉季、ともさかりえ、今泉力哉監督が出席した。

 田中は、本作について「着眼点がすごい。大きな出来事は特になく、日常に当たり前にあることを丁寧につむいでいる。今泉監督ってどういう人なんだろうなと思ってた」と回想。今泉監督が、オリジナルで好きに書いていいと言われて、本作の脚本を書いたと言ったことに触れて「『好きに書いていい』って言われて、こうやってできたんですね」と今泉監督を凝視。今泉監督の説明を聞いて「スゴいっすね…」とつぶやいた。

 自身が演じた夏目に関して「モテるな、と最初思っていた」ものの、「実はそこまでモテていない。思いを告げて満足する人。ちょっと好きだけど、そんなに好きにならないちょうどいいモテ具合。みんながこれから恋愛していくだろう練習台。そういう独特のモテ方。恋まで発展しない手前の人、という感覚が若干ありました」と語った。

 事前の役作りは、基本的にあまりしないという田中。今回もしていないと明かして「役作りをしないというか、しようがない。(一人で行う役作りは)限界があるじゃないですか。だからしない。特にしていないっす」と言い、現場で周囲と話しながらキャラを固めていくと説明。それでも「いや、しないって言うと、なんか良くないですよね」と言いかえ、最後にかわいく「ちょっとします♪」と付け加えて会場の笑いを誘った。

 ともさかは、自身が演じ、インパクトのある行動を展開する青木麻里子を「あの人」と称し、「あの人なりに筋が通っていて、あの人なりの正義感とかいろんなものを背負った上での告白だったと思う。あまり演じる上で何か、面白いことをやる意識はなかった。つとめてマジメにやったつもり。でも第三者の目からみると当たり屋みたいな人(笑)。夏目さん、不憫だなと思って、申し訳ないなと思いつつやっていました」と話した。

 田中も、ともさかたちとの共演を振り返って「撮影中は夏目をやっているので『なんだこれ』と。異様な雰囲気でした。青木夫婦、どちらも怖かった」とコメント。ともさかは「(撮影時は)圭さんとセリフ以外にお話しなかった…」と述懐。田中は「すみません、ビビってました」と告白した。

 9歳の白鳥は「圭さんがお花屋さんの役だったので、休憩中に花を切ったり花束を作る練習をしていてスゴいなと思いました」と田中の努力を評価。それを聞いて田中は「ありがとうございます」と深々と頭を下げ、会場の女性ファンを笑わせた。

最終更新:1/17(金) 19:15
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ