ここから本文です

世界屈指の守護神にも弱点? キャリアで成功したのはわずか1回

1/17(金) 12:30配信

超WORLDサッカー!

世界で指折りの守護神として高い評価を得ているアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクにも欠点はあるようだ。

【動画】オブラクはやっぱりPK戦が苦手?

2014年にベンフィカからアトレティコへ加入したオブラク。加入以降、ディエゴ・シメオネ監督率いる“ロヒ・ブランコス(アトレティコの愛称)”の絶対的守護神に君臨し、安定感抜群のパフォーマンスを続け、元バルセロナのビクトル・バルデスと並ぶ4年連続でのサモラ賞(ラ・リーガ最優秀GK賞)を受賞している。

しかし、オブラクにも止められないシュートがあるという。スペイン『マルカ』によると、ベンフィカとアトレティコのキャリアの中で通算5回のPK戦に臨み26本のPKを受けたオブラクだが、その内シュートを止めたのはわずか1本だという。

その1本とは、2014-15シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のレバークーゼン戦で、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(現ミラン)のキックをストップしたもの。それ以外のPKは、全て成功されていることになる。

12日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でのレアル・マドリー戦でも、延長含めた120分間は安定感のあるパフォーマンスで無失点に切り抜けたが、PK戦では一度もセーブすることができずに敗れていた。

意外な弱点が判明したオブラクだが、試合中に与えられたPKに関してはセーブすることもあり、PK戦がないリーグ戦においてはやはり最高の守護神と言えるかもしれない。

超WORLDサッカー!

最終更新:1/17(金) 12:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ