ここから本文です

【MLB】サイン盗みで解任のメッツ・ベルトラン監督、ファン痛烈皮肉「負け知らず」「面汚し」

1/17(金) 21:05配信

Full-Count

米球界を揺るがしている“サイン盗み”の首謀者の1人とされて解任された

 メッツは16日(日本時間17日)、米球界を揺るがしている“サイン盗み”の首謀者の1人とされていたカルロス・ベルトラン新監督を解任したと発表した。アストロズのヒンチ監督、レッドソックスのコーラ監督に続き、3人目の監督解任となった。

【写真】右肩を拡大して見るとユニホームの下に何やら物体のようなものが… 2017年WSでのアルトゥーベの実際の写真

 ベルトラン氏は現役最終年だった2017年にアストロズでプレーし、当時ベンチコーチでレッドソックスの監督を退任に追い込まれたアレックス・コーラ氏とともに“サイン盗み”を主導したとされ、MLBの調査を受けていた。昨年11月に新監督に就任したばかりで1試合も指揮することなく去ることになった。

 ベルトラン監督の解任に伴い、MLB公式インスタグラムは「メッツと監督のカルロス・ベルトランが決別することで互いが合意」としてベルトラン監督の写真を投稿。ファンからは辛辣なコメントが寄せられた。

「選手は出場停止にしてくれ」

「(世界一で獲得した)リングを剥奪だ」

「アルトゥーベを永久追放に」

「アメイジング」

「アストロズとレッドソックスはもっと非難される必要があるよ!」

「1試合も指揮を執っていないね」

「監督としては負け知らずだ(皮肉)」

「爆笑」

「ペテン師」

「面汚し」

「ハハハハハハハ」

 ベルトラン氏はメジャー20年で通算435本塁打、2725安打をマークした名選手。今回の騒動は、のちの殿堂入り投票にも影を落とすかもしれない。

Full-Count編集部

最終更新:1/17(金) 21:06
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事