ここから本文です

サッカー女子台湾代表が松山市長訪問

1/17(金) 17:02配信

愛媛新聞ONLINE

 東京五輪を目指し愛媛県松山市で合宿しているサッカー女子の台湾代表選手が17日、市役所を訪問し、野志克仁市長に最終予選進出を誓った。
 2月にアジア3次予選を控えるチームは16日に直行便で松山入り。23日まで松山市野外活動センターや北条スポーツセンターなどで汗を流し、地元高校生らと練習試合も行う。
 市役所には越後和男監督ら約30人が訪れた。野志市長は「市として選手のレベルアップとチームの大会出場権獲得へ、全力でサポートしたい」と激励。越後監督は「3次予選の相手は格上ばかりだが、合宿で選手に戦術を落とし込み、勝利をつかみとりたい」と意気込み、丁旗主将は「松山市の支援を受けながら、最終予選に進めるよう努力する」と話した。
 市は2014年、台湾・台北市と友好交流協定を結び、16年には東京五輪・パラリンピックの台湾のホストタウンに県とともになっている。

愛媛新聞社

最終更新:1/18(土) 9:40
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ