ここから本文です

ヘッジファンドの仮想通貨需要が増大-ビットコイン投信に資金流入

1/17(金) 12:55配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 世界最大のビットコイン投資信託を運営するグレースケール・インベストメンツによると、ヘッジファンドや年金基金、寄付基金からの仮想通貨需要が高まっている。

ビットコインやその他の仮想通貨に投資するファンドを適格投資家に提供する同社によると、昨年は6億800万ドル(約670億円)が同社に流入し、それ以前の6年間の流入合計額を上回った。また、流入資金の約71%はヘッジファンドなどの機関投資家からで、この割合は2018年の66%から増えたという。

グレースケールの運用資産は約20億ドルに達した。直接保有せずに仮想通貨へのエクスポージャーが得られる商品はマイク・ノボグラーツ氏のギャラクシー・デジタルなどが提供しているが、グレースケール・ビットコイン・トラストはその中の最大手。

グレースケールのマネジングディレクター、マイケル・ゾネンシェイン氏は「機関投資家に受け入れられつつあることは明らかだ」と指摘。フィデリティーやCMEグループなど古くからの企業が認める例が増えているとして、これは「仮想通貨が資産クラスとして存続するとのシグナルを機関投資家や投資コミュニティー全体に送るものだ」と話した。

原題:Biggest Bitcoin Investment Trust Says Hedge-Fund Demand Booming(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Olga Kharif

最終更新:1/17(金) 12:55
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事