ここから本文です

奈良クラブ昨季GMの林舞輝氏が新監督に就任「引き続き強い気持ちで」

1/17(金) 15:55配信

ゲキサカ

 日本フットボールリーグ(JFL)に所属する奈良クラブは17日、新監督に林舞輝氏が就任したことを発表した。

 欧州での指導者経験を持つ林氏は昨シーズンにゼネラルマネジャー(GM)に就任し、コーチを兼任した。クラブを通じて、「今シーズンは、監督として奈良クラブで皆さんと共に戦うこととなりました。サッカーは難しく、分からないことばかりですが、引き続き強い気持ちで邁進してまいります」とコメントを発表している。

 奈良クラブは先月7日、疑惑として浮上していた入場者数水増しを認め、同行為を5年間していたことを明らかにしていた。26日にはJFLが処分を発表。JFL自体に決定権はなく、日本サッカー協会(JFA)の裁定委員会により決定、適用となっており、同クラブに罰金100万円、中川政七代表取締役社長には来季JFL第1節から第10節までの公式試合出入り禁止処分、矢部次郎氏には始末書提出を命じていた。中川氏は2020年1月31日付けで退任し、矢部氏も代表取締役を辞任していた。

最終更新:1/17(金) 15:55
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ