ここから本文です

ニュースワード「日米安保改定」

1/18(土) 16:26配信

時事通信

 日米安保改定 1951年の旧日米安全保障条約の片務性を改め、より対等な同盟関係を築くため、60年1月19日に当時の岸信介首相とアイゼンハワー大統領の両政権が新条約に署名した。第5条は米国の対日防衛義務を定め、米軍への基地提供を規定した第6条とともに中核を構成する。
 改定に際し国内で激しい反対運動が起き、デモ隊が連日国会を取り囲む事態に発展。東大生の樺美智子さんが警官隊との衝突で亡くなった。条約は衆院での強行採決を経て自然承認となり、発効日の同年6月23日に岸首相が退陣を表明した。

最終更新:1/19(日) 15:08
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ