ここから本文です

めざせYS-11操縦5つ星 あいち航空ミュージアムがシミュレーターで認定

1/18(土) 19:01配信

Aviation Wire

 県営名古屋空港に隣接する愛知県の「あいち航空ミュージアム」では、「YS-11パイロットシミュレーター体験」で最高評価の5つ星を獲得した人に、認定証とミュージアム特製ウイングマークをプレゼントしている。戦後初の国産旅客機である日本航空機製造YS-11型機の特別企画展「日本の翼 YS-11展 ~半世紀以上飛び続ける、国産プロペラ機~」の開催を記念したもので、4月13日までの平日に実施している。

【YS-11空自VIP輸送仕様の機内】

 YS-11パイロットシミュレーターは、離陸、巡航、着陸の各ステージを操縦桿と3つのレバー(スロットル、フラップ、ギア)の操作で操縦するフライトシミュレーター。音声ガイドと画面に表示される飛行ガイド(航路ターゲット)に沿って飛行する比較的簡単な「ノーマルモード」と、音声ガイドは流れるが飛行ガイドは表示されず、フラップを操作すると機首が上下して飛行機の特性が再現され、高度な操縦が要求される「エキスパートモード」がある。エキスパートモードは、ノーマルモードで5つ星を獲得した人のみ挑戦できる。

 ウイングマークは、ノーマルモードで5つ星を獲得した人には「シルバーパイロット認定証」と「シルバーウイングマーク」を贈る。シルバーパイロットに認定されるとエキスパートモードに挑戦でき、エキスパートモードで5つ星を獲得すると、「ゴールドパイロット認定証」と「ゴールドウイングマーク」が贈られる。

 チャレンジは何度でも可能で、シミュレーターが空いていれば当日再挑戦することもできる。認定証とウイングマークを獲得できるのは、1人各モード1回限りとなる。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:1/18(土) 19:01
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ