ここから本文です

「新型肺炎は海外に広がる愛国ウイルス」中国ネットで拡散「真実知りたい」苛立ちも

1/18(土) 14:40配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

中国・武漢から日本、タイにも飛び火した新型コロナウイルス関連肺炎。この1週間、中国では新たな患者が確認されない一方で、日本で1人、タイでは2人の発症が判明したことから、中国のSNSでは「新型肺炎のウイルスは、海外にしか出て行かない“愛国ウイルス”」との言説も急増している。

【SNS画像を見る】「新型肺炎は海外に広がる愛国ウイルス」中国ネットで拡散「真実知りたい」苛立ちも

だが、1月18日になって武漢市衛生当局が4人の患者増加を公表。国民の大移動が始まる春節を目前に、収束モードに暗雲が立ち込めている。

中国で武漢以外に拡大しない不自然さ

日本では1月16日に、武漢から帰国した男性の新型コロナウイルス感染が明らかになり、一気に不安が高まったが、中国では11日の「41人が新型肺炎を発症」という発表を最後に、患者は増えていなかった。

武漢市当局は毎日、公式サイトで「新規増加なし」と情報を更新、2人の死者が出たものの、多くが治癒に向かっていると強調し、収束モードが漂っていた。一方、今週になってタイと日本で武漢からの入国者の感染が分かり、ネットではこの奇妙な状況への反応が少なからず出ている。

17日からSNSのウェイボ(微博、Weibo)で目立ち始めたのが、「新型肺炎のコロナウイルスは、愛国ウイルスだ」といった言説だ。同日午後、タイで2人目の感染が確認されると、「このウイルスは愛国なので、武漢から他の都市には広がらず、海外に出国する」「ウイルスに感染した人を国外に出す」などの投稿が拡散するようになった。

中国のSNSが政府によって監視され、情報規制が敷かれているのは周知の事実。この投稿には冗談だけでなく、「海外で患者が出ているのに、中国では武漢に患者が封じ込められている」不自然さへの疑問も含まれているとみられる。

海外SNSでは家族が新型肺炎に感染したことを訴えるウェイボの投稿がアカウントごと削除されたとの情報も拡散しており、中国のSNSでも多くはないが、「政府は本当の状況を公開してほしい」という声が挙がっている。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 17:35
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事