ここから本文です

「弱虫ペダル」永瀬廉主演で実写映画化!伊藤健太郎、橋本環奈が共演

1/18(土) 7:00配信

シネマトゥデイ

 2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載を開始し、現在までに64巻まで発売されている「弱ペダ」の愛称で親しまれる渡辺航による人気コミック「弱虫ペダル」が、人気アイドルグループ King & Prince の永瀬廉主演で実写映画化されることが明らかになった。共演は伊藤健太郎と橋本環奈。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』などの三木康一郎監督がメガホンを取って2月に撮影を開始し、8月14日に全国公開される。

さわやかイケメン!永瀬廉【写真】

 アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされてきた「弱ペダ」が、実写映画化されるのは今回が初めて。千葉から秋葉原までママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が自転車競走部に入部し、出会った仲間たちのために自分の限界や壁に挑み、レースに勝利するため努力する。

 主人公の坂道役で主演する永瀬は昨年12月より自転車練習をスタートさせた。「まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでした」と起用に驚きつつ、「(原作の魅力を)映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、ぜひこの夏を楽しみにしていてください」とメッセージを送っている。

 坂道のよきライバル・今泉俊輔を演じる伊藤は「漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただけることがとても嬉しいです。原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います」とコメント。自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役の橋本は今作のオファーの前から原作を読んでいたそう。「この魅力あるヒロインとして参加できることを今からとても楽しみにしています」と語っている。

 原作者の渡辺は「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。ボクも楽しみにしています!!」と実写映画化に期待を寄せている。(編集部・海江田宗)

1/3ページ

最終更新:1/18(土) 8:54
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ