ここから本文です

【MotoGP】ロレンソ、ビアッジ、アンダーソンの3名がMotoGPレジェンドに。殿堂入りの栄誉受ける

1/18(土) 11:39配信

motorsport.com 日本版

 MotoGPを運営するドルナは、ホルヘ・ロレンソ、マックス・ビアッジ、ヒュー・アンダーソンの3名がMotoGPレジェンドに選出され、殿堂入りを果たしたことを明らかにした。

【ギャラリー】“チャンピオン”ホルヘ・ロレンソ、MotoGPでの全47勝を振り返る

 2019年にレプソル・ホンダへ加入したホルヘ・ロレンソは、マシンへの適応に苦しんだ。トップ10フィニッシュもままならない状況が続く中、彼は幾度も負傷してしまい、最終戦バレンシアGPで引退を表明するに至った。

 ロレンソは15歳となった2002年のスペインGP(125cc)でグランプリデビューを果たし、19年間トップレーサーとしてグランプリで現役を張ってきた。通算勝利数は68勝(うちMotoGPクラス47勝)、MotoGPクラスと250ccクラスを合わせて5度の世界チャンピオンに輝いている。

 ロレンソはMotoGPレジェンド入りについて、次のようにコメントを寄せている。

「MotoGPレジェンドに名を連ねることは、本当に嬉しいことだ。僕がこの世界で争い始めた時に本当にやりたかったのは、世界選手権に参加することだった」

「レースに勝ち、そして5度の世界チャンピオンとなったことは、僕の期待をはるかに上回るものだった。そして“MotoGPレジェンドになる”いうのは、さらに難しいものだ。レジェンドの一員となることは、タイトルとは別にこのスポーツの歴史と、人々の心に印を刻んだという意味なんだ」

「ドルナとFIM(国際モーターサイクリズム連盟)の長年のサポートに、そしてこのレジェンド入りするライダーのひとりに含めてもらったことに感謝したい」

 ビアッジは1994年から1997年まで4年連続で250ccクラスのチャンピオンとなり、MotoGPクラスでも2度ランキング2位を記録。スーパーバイク世界選手権に活躍の場を移してからは、2010年と2012年に世界チャンピオンとなっている。

 近年、ビアッジはMoto3クラスで自身のレーシングチーム(Sterilgarda Max Racing Team)を運営している。2019年は所属するアロン・カネットがランキング2位につけるなど活躍を見せた。

 ヒュー・アンダーソンは1963年と1965年に、それぞれ50ccと125ccクラスで通算4度のチャンピオンを獲得したライダー。1963年には50ccと125ccのダブルタイトルを獲得している。

Lewis Duncan

最終更新:1/18(土) 11:39
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事