ここから本文です

FEチリ、改修で高難易度に? バンドーン 「フォーミュラEで最もトリッキーなコーナーが生まれた」

1/18(土) 19:42配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのストフェル・バンドーンは、フォーミュラE第3戦サンティアゴePrixのレイアウト変更により、カレンダーの中で最もトリッキーなコーナーが生み出されたと語った。

【動画】フォーミュラE サンティアゴ E-Prix:バーチャルラップ

 フォーミュラEのシーズン6(2019-20年)第3戦の舞台、チリのパーク・オイギンス・サーキットは、2度目のレース開催に先立ってレイアウトに大幅な変更が施された。

 シーズン5で事故が多発したシケインが削除され、ワイドな左のロングコーナーであるターン8が生まれた。全開でそこを抜けた後には、角度がきついブラインドの左コーナーが待ち受ける。しかも、エイペックスで路面がアスファルトからコンクリートへと切り替わるのだ。

 バンドーンは、motorsport.comに次のように語った。

「(今年は)シケインが削除されたので、とても興味深い。結局、そこはかなり長いストレートで、とても高速になる。そして、シーズンで最もトリッキーなコーナーのひとつになるだろう」

「横方向に強い負荷がかかるし、路面の変化もかなりある。特に予選で、最高速度に到達するのは大きな挑戦だ」

 日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミは、次のように付け加えた。

「僕はシケインをなくしたという事実が好きだ。それはあまり良くなかったし、オーバーテイクはほとんど不可能だった。ただただ、赤旗などを生むようなものになっていた」

「(ターン9は)難しいだろう。ハイスピードでそこに到達し、大幅に減速する必要がある。オーバーテイクの可能性については、簡単なことではないだろう。ドアを閉められたら、アウト側に出る必要がある。それはとても難しい」

 なお、ターン1とターン2も変更された。かつてはダブルエイペックスの右コーナーだったが、ターン1は90度近い左コーナーとなり、右コーナーのターン2につながる形となる。

 ヴァージンのサム・バードは、レイアウト変更によりオーバーテイクのチャンスが減ったと考えている。

「新しいターン1とターン2で、オーバーテイクのチャンスが減ったと思う」と、バードは記者会見で話した。

「一方で最終コーナーが変更されており、オーバーテイクが増える可能性はある」

 さらにターン2~8のアスファルト路面は、再舗装されている。昨年は路面がダメージを受けていた場面が見られた。

 このような対策について、ブエミは「アスファルトが変更された。通常は良くなるはずだ」とコメントした。

「昨年、路面が破壊されるまでは良かった。彼らが舗装したのは少し遅いタイミングで、適切に乾燥させる時間がなかったので、壊れてしまったんだと思う」

「今年は起こらないことを願っている。彼らは路面を再舗装し、異なるタイプのアスファルトを使用したので、再び変化が起きるのか、もう少し長く保つのかを見てみよう」

Matt New

最終更新:1/18(土) 19:42
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事