ここから本文です

【愛知杯の見どころ】今年は小倉で行われる牝馬限定のハンデ戦

1/18(土) 11:00配信

netkeiba.com

 例年は中京で行われているが、今年は京都競馬場改修工事に伴う開催日程の変更のため、9年ぶりに小倉で行われる。出走する主な有力馬は次の通り。

【写真の見どころ】センテリュオこれまでの軌跡

■1/18(土) 愛知杯(4歳上・牝・GIII・小倉芝2000m)

 センテリュオ(牝5、栗東・高野友和厩舎)は前走のエリザベス女王杯で勝ち馬と0.3秒差の4着。オープンに上がってから中々結果が伴ってこなかったが、前走のように立ち回りの巧さを活かす競馬なら一線級とも互角に渡り合うだけの能力はある。引き続きC.ルメール騎手とのコンビで重賞初制覇なるか。

 パッシングスルー(牝4、美浦・黒岩陽一厩舎)は昨年の紫苑S勝ち馬。前走の秋華賞は10着に敗れたが、先行馬に厳しい流れの中での大外枠と条件が厳しかったのは確か。ローカルの小回り2000mという条件は合っており、巻き返しに期待したい。鞍上は池添謙一騎手。

 その他、エリザベス女王杯で6着のサラキア(牝5、栗東・池添学厩舎)、重賞2勝の実績馬デンコウアンジュ(牝7、栗東・荒川義之厩舎)、前走まで4連勝していたポンデザール(牝5、美浦・堀宣行厩舎)、2・3走前に小倉で3勝クラス・OPと連勝したアロハリリー(牝5、栗東・高野友和厩舎)、紫苑Sで2着のフェアリーポルカ(牝4、栗東・西村真幸厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

最終更新:1/18(土) 11:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ