ここから本文です

「気づいたら平手友梨奈ちゃん見てる」「メンバーの家族も欅ファン」 グランジ遠山・はんにゃ金田・バグベアが夜通し欅坂46愛語った「語るなら欅を」イベントレポート 

1/18(土) 18:00配信

ねとらぼ

 欅坂46を愛する芸人・遠山大輔さん(グランジ)と、金田哲さん(はんにゃ)が新宿・ロフトプラスワンにて開かれたオールナイトトークイベント「ライブナタリー Presents RESPECT! トークライブ Vol.3~語るなら欅を~」に出演し、朝5時まで欅坂46愛を語りつくしました。イベントでは作曲家ユニット「バグベア」も登場。「締め切り3時間前に一発でできた」と「不協和音」の誕生秘話が明かされた他、「欅坂46は命を削りながらやっているのがすごく伝わる」など、作曲家ならではの視点でのトークが展開され、プレミアチケットを勝ち取った来場客130人は真剣な様子で4人の話に耳を傾けました。イベントの様子を詳しくお伝えします。

【画像で見る:欅坂46をイメージしたコラボメニュー】

TAKAHIRO先生からのメッセージで乾杯!

 開始時刻、会場で鳴り響いたのは欅坂46のライブでもオープニングの定番として知られる「Overture」。集まった来場客が自ら持参したペンライトによって会場を緑色に染めていくと、会場からは自然に「Oh Oh Oh」の合唱やコールが飛び出し、次第にボルテージが上昇していきます。そしてデビュー曲「サイレントマジョリティー」のイントロが流れ始めると、今夜の主役・遠山さんと金田さんが笑顔で登壇しました。

 遠山さんは「Student Dance」の衣装の元ネタと目されている「時計仕掛けのオレンジ」のTシャツに、首からありったけのツアータオルをぶら下げた正装で、「う~ん…って感じ」でおなじみの“おでんペンライト”を高らかに掲げて堂々の入場です。

 あまりの大歓声にオープニングトークでは、金田さんから「いやあの……欅じゃないよ?」、遠山さんから「俺らで大丈夫ですか?」と心配の声が上がるほどでしたが、“とんでもない倍率”の応募があったことが2人から明かされると会場は一層ヒートアップ。遠山さんが「(会場に集まったのは)マジで激選勝ち抜いた皆さんですって!」と声をかけると会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こりました。

 そんなトークライブですが、開演前からファンが大盛り上がりだったのがイベント限定で提供されたコラボメニュー。「二人ウドン(1人前)」「キミ(黄身)がイナイ温玉うどん」「タコさん手を繋いで揚げようか」など、楽曲にちなんだものが多数用意されており、遠山さんは自身が考案した「シャンディにはガフしかない~夕立も、ロフトプラスワンで飲むシャンディガフも嫌いじゃない~」を菅井友香さんさながらのテンションで発注したほか、ラジオ番組でのとある出来事から尾関梨香さんに助け舟を出してもらった経験もある金田さんは「おぜ姉には頭上がんないです、本当に」とつぶやきながら自身が考案した「酒に飲まれても(緑茶ハイ)」を発注。筆者もすかさず「バグベア」ここみらいさん考案の「僕煎(僕たちの煎茶)」と「こぼしてんじゃねーよアイス(抹茶味)」をお願いしました。

 各テーブルにドリンクがそろうと、乾杯を前に遠山さんから「(欅坂46の振り付けを手掛けるダンサー)TAKAHIRO先生と年末にお会いする機会がありまして、『(ファンの)皆さんにお伝えすることがあれば』と言葉を預かってきたので、その言葉と共に乾杯したいと思います!」とのあいさつがあり、全員がグラスを持つと、「これからも欅坂46を共に応援していきましょう! 乾杯!」とTAKAHIROさんらしい言葉でイベントの幕が開きました。

1/7ページ

最終更新:1/19(日) 11:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ