ここから本文です

【K-1】安保瑠輝也が早くも2度目の防衛戦、外敵・不可思に「大チャンスですね。頑張ってください」

1/18(土) 21:20配信

イーファイト

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される“K-1年間最大のビッグマッチ”『K’FESTA.3』の第1弾カード発表会見が18日、都内にて行われた。

【フォト】強烈な右ヒザを繰り出す安保

『スーパーライト級タイトルマッチ』として、王者・安保瑠輝也(24=team ALL-WIN)の2度目の防衛戦が決まった。対戦相手は、KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王者・不可思(28=クロスポイント吉祥寺)となった。

 安保は左右にスイッチしながら、二段蹴りをはじめとする破壊力満点の蹴り技で相手をなぎ倒し活躍。昨年6月のK-1両国大会でゲーオ・ウィラサクレックに延長判定で勝利してタイトルを獲得し、12月の名古屋大会のダイレクトリマッチでも、延長の末ゲーオを退けて初防衛に成功。今回、不可思を迎えて2度目の防衛戦に挑む。

 対する不可思はKNOCK OUTやレベルスをはじめとする団体でベルトを獲得した後、昨年6月のK-1両国大会に電撃参戦。佐々木大蔵に敗れたが、その後10月のKrushでは堀井翼に、12月のK-1名古屋大会では大和哲也にKO勝利を収めた。2連勝と勢いに乗る中で、今回のタイトルマッチのチャンスを得た。

 意気込みを求められた安保は「不可思選手、大チャンスですね。頑張ってください」と一言。対する不可思は「3月は出たいなと思っていて、盛り上がる相手とやれたらなぐらいにしか思っていませんでした。話をもらった時は、『マジすか』って驚きました。やらせてもらえるのでベルトを獲っちゃおうと思います」と大チャンス到来に燃える。

 安保自身、このカードは望んでいたものであったため楽しみだというが「(不可思は)K-1 JAPAN GROUPでは3戦で、勝ちも負けもしているんで、そういった意味では凄いチャンスをもらったなっていう意味を込めて『大チャンスですね』って言いました」とコメント。2戦の勝利でタイトルマッチの挑戦権を獲得したことについて、引っかかる部分があるのか。

 この1戦はK-1に長く参戦している安保にとってみれば負けられない1戦になるであろう。「不可思選手が負けている選手にも僕はしっかり勝っているので、自分の中では実力差は凄いあるなって感じています。まさに受けて立つって感じです」と自身には実力で及ばないことを証明する構えだ。

 その安保に対して目をギラギラ輝かせる不可思は、「派手な技とか倒す攻撃もあって、実力だけじゃなくて、お客さんを盛り上げて楽しませようという意識を強く持ってる選手」という印象を持ったようだ。

 上から目線で大チャンスと言われても「この話を受けてくれた安保選手にはありがとうと言いたいです。相手からすれば断るのもあると思うので、感謝しています」と謙虚な姿勢を貫く不可思。K-1一筋ではなく、様々な団体を渡り歩いてきた不可思にとって、自身が“外敵”という認識は変わらない。不可思がK-1グループ4戦目で喰ってしまうのか、それとも安保が王者としての意地を見せつけるのか、目が離せない。

最終更新:1/18(土) 21:20
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ