ここから本文です

中学からの戦友と掴んだ頂点 専大・三部/及川ペア「最後の最後で優勝できて嬉しい」<全日本卓球2020>

1/18(土) 23:56配信

Rallys

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

全日本卓球選手権男子ダブルスで三部航平/及川瑞基(専修大)が、戸上隼輔・宮川昌大(野田学園高)をゲームカウント3-2で破り、優勝に輝いた。現在大学4年生の2人は青森山田中高の同級生で、専修大学も含めて10年間苦楽を共にしてきた中での日本一となった。

及川「大学生活の最後の最後で優勝できて本当に嬉しい」

決勝戦では、水谷隼/大島祐哉(木下グループ)を破り勝ち上がってきた高校生ペア・戸上/宮川と対戦した。戸上は直前のシングルスでも東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソン)を下しており、乗りに乗っていた。

ただ、及川は「(自分たちは)今大会コンビネーションや息が合っていたので、自分の中では決勝に進めば優勝できる自信があった」と臆することなく試合に臨んだ。

試合は「1ゲーム目をとって競り合いになったら自分らの試合ができると思って、フルゲームになる予定で試合をした」と三部の想定通り接戦に持ち込まれる。

高校生ペア・戸上/宮川の勢いあるプレーにも落ち着いて対応する大学生ペア・三部/及川。ゲームカウント2-1と専修大ペアリードの9-9、あと2点で優勝という場面を迎える。「ここで勝ちたいと思って意識してしまった」と三部の脳裏に勝利の二文字がよぎったところを戸上/宮川ペアに攻め込まれ、9-11でゲームカウントは2-2の振出しへと戻った。

第5ゲームまでもつれ込んだ試合は、「最後は攻めた方が勝つと思っていた。最後まで繋ぐのはやめて自分から打ちに行く気持ちでやった」(三部)と攻め切った専修大ペアが10-8とチャンピオンシップポイントを握る。最後は三部のドライブに対する戸上の返球がネットにかかり、専修大ペアに勝利の女神は微笑んだ。

試合後、及川は「長い間、三部とやってきて大学生活の最後の最後で優勝できて本当に嬉しい」と学生生活の集大成として盟友・三部と獲得した日本一のタイトルに笑顔を見せた。

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 19:07
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ