ここから本文です

もはや実写版ラピュタな映画「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」 高度1万メートルを超えた本当の冒険

1/18(土) 17:11配信

ねとらぼ

 劇場公開中の映画「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」が、もはや“実写版ラピュタ”と言っても過言ではない内容だった。

【劇中画像】「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」

 同作は日本版タイトルが示している通り、歴史的な偉業に基づいた、気球での大空への冒険を描いた作品だ。そして、伝記映画にありがちなお堅い印象や小難しさはほとんどない、誰もが楽しめるアドベンチャー要素がふんだんな娯楽作である。

 ちなみに製作・配給にはアマゾン・スタジオが携わっており、配信サービスのAmazonプライムの見放題ラインアップにも入っている。つまり、自宅や移動中でもスマホやタブレットで気軽に本編が鑑賞できる……のだが、それでも「映画館でこそ見てほしい」と強く訴えたい作品でもある。その理由と、作品の具体的な魅力について解説していこう。

大空への冒険、そして暴風雨吹き荒れる暗雲の中へ…!

 本作の主人公の1人は、気象学者であるジェームズ・グレーシャー。彼はジャンボジェットの平均巡行高度を超える1万1277メートルまで、酸素ボンベなしで気球に乗り上昇したという実在の人物だ。1862年のことであるが、その記録は現在に至るまで破られてはいない。そして、彼が記録した大空での一部始終が、今日に至るまでの気象予測に多大な貢献をすることになったのだ。

 同作では、大空への冒険がさまざまな困難に直面する、死と隣合わせの危険なものとして描かれている。何しろ、初っぱなから暗雲に入り込み、雷が鳴り響き、暴風雨が吹き荒れ、ゴンドラが上下左右に激しく揺さぶられ、あわや落下寸前というスペクタクルが展開されるのである。

 「天空の城ラピュタ」をほうふつとさせるのは、まさにここだ。パズーとシータが空賊たちの飛行船に乗りラピュタを目指し、暗雲の中で雷鳴を間近で聞きながら進んでいったあの“竜の巣”のシーンと重なるのである。そしてその後には、ラピュタに降り立った時の開放感に匹敵する、“神秘的”なまでに美しい光景が広がっていた。

 危険ではあるが、天空の世界には“まだ見ぬ世界”へのロマンがある。「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」は「天空の城ラピュタ」のようなファンタジーではない、(誇張もあるが)現実の出来事を描いた作品であるのにもかかわらず(だからこそ)、その喜びと感動を与えてくれるのだ。

 そして、気球が高度1万1000メートルを超え、気温マイナス50度、酸素もほとんどないという、過酷を通り越して文字通りの“死の世界”へと向かう。ネタバレになるので詳しくは書かないが、そこでは「その手があったか!」と、気球上という限られた舞台で、ここまでのサスペンスが作れるものなのかと感嘆できるアイデアが駆使される。

 これらのアドベンチャー要素にリアリティーと臨場感をもたらすため、セットや美術、撮影方法も洗練されている。当時のガス気球のレプリカを建造したのはもちろん、ヘリコプターから実際に1万1000メートル上空の展望を撮影したほか、クライマックスのアクションも900メートルの高さを飛ぶ気球上で行われた。気球での大空への冒険の“体験”のため、できる限り空中で撮影が行われているのである。

 余談だが、本作の原題は「The Aeronauts」という、「Aero(空中・空気)」と「Astronaut(宇宙飛行士)」を掛け合わせた造語だ。主となる登場人物は2人のみで、劇中の浮遊感や迫力の映像、その場に居合わせたような体験ができるという意味では、宇宙飛行士による生還までのサスペンスを描いた「ゼロ・グラビティ」にも似ている。見終えれば、きっと原題とマッチした内容だったと納得できるだろう。

1/3ページ

最終更新:1/18(土) 17:11
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事